RingBOT –高級マンション向けのIoTを利用したスマートキーソリューション

2019/10/10

2019年10月10日、

GMO-Z.com RUNSYSTEMの副社長である グエン・タン・ミンは、同社が2019年11月にRingBOTスマートキーを発売する予定であることを発表した。 主な顧客様は、高いセキュリティが要求される高級マンションの建設会社と管理委員会となる。

多くの高層マンションは、家庭に訪問者を迎えるプロセスが不便であり、建物の入り口のデータを管理し、建物のセキュリティと安全性を確保するのが難しいという事実があるため、GMO-Z.com RUNSYSTEMはRingBOTスマートロックの研究・開発を急いでおり、早期の発売開始を目指している。

ベトナムでのテスト後、2020年はRingBOTの日本市場参入の年となります。

スマートロックのIoTソリューションとして、RingBOTにより、建物のセキュリティを確保することが簡単で便利になります。詳しく、ロビーのドアまたはアパートのエレベーターへの地下室を開くことは、ビデオベルのインストールを各アパートメントに展開することなく、1つの操作だけで1つのデバイスにカプセル化されるからです。

GMO-Z.com RUNSYSTEMの代表者によると、RingBOTはスマートロックデバイス(SmartLock)とスマートフォンのアプリケーションソフトウェアという2つの部分で構成されています。スマートロックデバイスは建物のドアと統合されています。 デバイスにはキーボード、カメラ、マイクがあり、訪問者が部屋番号を入力することで大家またはフロントに直接電話できるようになります。 大家またはフロントは、アプリケーションソフトウェアの「ドアを開く」ボタンを押すことでドアを開くことができます。

スマートフォンのアプリケーションソフトウェアは大家またはフロントが連絡でき、スマートロックデバイスを制御できるよう、スマートフォンで設定できるアプリです。

“RingBOTの1つの主な機能は、RingBOTデバイスから大家またはフロントのスマートフォンに設定されたアプリケーションへビデオ通話を行えることです。 大家は、ソフトウェアの操作を行うことにより、ドアを開くことを拒否するか、同意するかを選択できます。 また、RingBOTにより、建物で指定された時間に応じてお客様のビデオ通話が保存できます。 データ保存時間は、ビル管理委員会のニーズとサーバーの保存容量に完全に依存します”

RingBOTの1つの主な機能は、RingBOTデバイスから大家またはフロントのスマートフォンに設定されたアプリケーションへのビデオ通話を行うことです。 大家は、ソフトウェアの操作を行うことにより、ドアを開くことを拒否するか、同意するかを選択できます。

GMO-Z.com RUNSYSTEMのIoTを利用するスマートロックソリューションは、次のような多くの利点をユーザーにもたらすと評価されています。大家と訪問者はドアを便利で簡単に開けることができます。アパートのすべてのメンバーがドアを開くには、スマートフォンにアプリを設定するだけです。 無料のビデオ通話をサポートのこと。 建物全体の出入りを管理し、アクセス情報をすばやく簡単に見つけます。 さらに、RingBOTには、特定の使用要件に応じて更新できる機能もあります。

市場で入手可能な他のスマートロック製品と比べてRingBOTの利点には、ドアに関係なく1日ですばやく設置できるし、各アパートメントに機器を設置する必要がないし、 伝統的な設定と比べて、コストを50%以上削減できます。 設定は簡単で、1つのドアに対し1つのデバイスのみが設定されます。 同時に、RingBOTはインターネット環境で動作し、インターネット接続があればどこでも開くことができます。 ソフトウェアの更新はリモートで実行できます。

GMO-Z.com RUNSYSTEMの副部長であるNguyen Tan Minh様は、製品の商業化計画についてICTnewsに話し、RingBOTは現在、ベトナムの一部の高級なアパートでの紹介と販売に注力されていると述べました。 ベトナムの各高級なアパートではRingBOTにより、建物のセキュリティと安全性を確保しながら利便性のニーズを満たし、ユーザーの管理の不備を最小限に抑えます。

RingBOT製品は、2019年11月にGMO-Z.com RUNSYSTEMによって実際に展開される予定で、お客様は主にブリッジセキュリティ、高いセキュリティが欲しい建設会社と高級マンションの管理委員会です。

「日本は、、ユーザーに利便性をもたらし、ユーザーのセキュリティと安全性を確保するために、テクノロジーを利用する製品を展開する非常に有望な市場です。 RingBOTが導入され、多くの日本のお客様の注目を集めました。

現在、この製品は日本市場の基準を満たすため、多くの要件に応じて改善および調整されております。 ベトナムでのテスト後、2020年はRingBOTがこの潜在的な市場に強く、深く「攻撃」する年になると予想されています」と、グエンタンミン様は語りました。

ソース:https://ictnews.vn